About Us

美しい富山湾クラブとは

設立趣旨

富山湾が、ユネスコが支援する「世界で最も美しい湾クラブ」に平成26年10月に加盟しました。雄大な立山連峰を望む自然環境と、漁業・工業・商業・観光などの経済活動がバランスよく共存する点が評価された結果と思われます。
この素晴らしい環境は、標高3,000mの立山連峰から深さ1,000mに至る富山湾まで、高低差4,000mの特異な自然環境があってのものですが、崩れる山や氾濫する川を治め、海の生態系を守る定置網漁を編み出し、日本海側唯一の商船高専を誘致して海に生きる人材を育ててきた、先人たちの不断の努力があってこそ守られた宝物です。
この宝物を後世に引き継ぐことは言うまでもありませんが、一方で富山湾を取り巻く状況は大きく変化しています。地球温暖化による生態系の変化、竜巻・大雨・暴風など過去の記録を大きく上回る自然災害の発生、プラスチックなど腐敗しないゴミの増加。こうした環境の激変に加え、海に関わる人々の高齢化も進んでいます。漁業就業者はこの20年間に3,000人台から1,000人台となり、60歳以上が過半数。ヨットなど海のレジャーを楽しむ層にも後継者は育っていません。
今、「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟および北陸新幹線開業を機に、世界に認められた富山湾の魅力を再認識し、行動を起こす事によって、先人たちが守り育ててきた富山湾の魅力を国際的に通用するレベルに高め、後世に引継いで行くことが私たちの使命です。
富山湾のファンクラブとして「美しい富山湾クラブ」を設立し、県民挙げて富山湾のブランド力をさらに向上させ、魅力情報の発信に取組むことによって、国内外の皆さんに富山湾を楽しんで頂くとともに、富山湾に関わる人々の誇りをさらに高めていきたいと考えます。