The Fascinating Toyama Bay

富山湾の魅力

富山湾の美味

 富山湾の変化に富んだ環境と、3,000m級の立山連峰から流れる水が豊富な栄養分を運んでくるので、多種多彩な旨い魚が育ちます。しかも、漁場から港までの距離が近く、まさに生け簀から魚をすくうが如く鮮度が落ちるまもなく港に運ばれ市場へ出荷されます。これが富山の魚が、きときと(新鮮)で、おいしい秘密なのです。

冬の雷を「ぶり起こし」と呼びます。冬型の気圧配置になって雪を降らせる雷が鳴ると、脂が乗った一番美味しい時期のぶりが富山湾に入ってくるからです。雪の下でとても柔らかくなった大根と味噌で炊く「ぶり大根」は、凍えた身体をホカホカに暖めてくれます。

春になると、海岸にホタルイカが産卵のためやって来て、青白く光ります。タモで掬ったホタルイカを茹で、酢味噌であえると最高の酒の肴です。

「富山湾の宝石」と呼ばれるシロエビは、透明でキラキラ光っています。
 刺身にするときは、手を氷水につけて温度が上がらないようにして皮を剥くので大変です。
 最近はシロエビバーガーも大人気です。