Club Activties

美しい富山湾クラブ活動紹介

富山湾シーグラントに関するアンケート

この度、富山大学が中心となり、地域の海洋・沿岸域の改題解決を目指す
日本版シーグラントの実施に向けた研究を富山大学で行うこととなりました。
つきましては、広く富山湾に関わる皆様へアンケートをお願いしたく、
美しい富山湾クラブ会員の皆さまにおかれましても、ぜひご協力をいただきますようお願い申し上げます。
下記WEBフォームよりご回答ください。ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

 

■富山湾シーグラント(仮称)に関するアンケート
【法人会員様向け】※12月15日までにご回答ください。
https://forms.gle/uMpmvg6SocnQ88md7
※FAXまたはe-mailでもご提出いただけます。アンケート用紙_法人様向け1203

 

なお、個人会員の皆さまには別のアンケート様式でご回答をお願いしています。
【個人会員様向け】
https://forms.gle/FjkYzfQmKoTPhrnK7

――
そういえば、5年前と何か違う…
ふと、気になることはありませんか。

夏の熱中症対策が常識になった今、目の前の海でも、もはや目に見える変化が始まっていませんか。
何か違う…と思いながら、つい頭の片隅に追いやられてしまうこと。
小さな違和感でも結構です。5年前と違うこと、気になること(課題)を教えてください。

シーグラントプログラムとは、海に関する補助金政策。
大学を中心に地域に適した海洋産業の支援や環境保全に対する取組を分野横断的に行うもので、
アメリカでは50年前から始まり効果を上げています。
そこで、富山大学でもシーグラントプログラムを立上げ、【現状及び未来における課題を調査】
【長期的視点に基づいたグラントデザインの提案】を通し、富山湾の未来に貢献する仕組づくりを検討していきます。
今は小さな違和感でも、見過ごすと10年先、20年先の環境に大きな影響を及ぼす可能性がある自然環境の変化。
一番身近な人の目線で探るため、今年度はアンケート調査から始めます。ご協力をお願いします。

 

富山大学担当教員・研究協力者
張 勁(大学院理工学研究部(理学)・教授)
渡辺 了(大学院理工学研究部(都市デザイン学)・教授)
高桑 幸一(経済学部・客員教授)